先ずは自分の「いびき」を聞いてみよう

「いびき」なんて別にたいした症状じゃないと考えている人も少なくないようです。

自分一人で寝ているぶんには大きな問題になるわけでもないですし。

確かに、同室で寝ている人にとっては大問題の「いびき」。

本人にしてみればどこ吹く風、とりたてて大きな支障は内容にも感じます。

でも、これが大きな間違いなんです!?
たかが「いびき」と思うなかれ。

「いびき」は睡眠時無呼吸症候群や高血圧、糖尿病、心臓病、能祖中など、命も左右しかねない重い病気の原因になることだって多々あるのです。

「いびき」なんて大した問題ではない…
そんな風に思っていると、それこそ取り返しの付かない事になる可能性だって有ります。

要注意です!

先ず、自分のいびきの状態を把握することが肝心です。

その方法は、自分のいびきを録音して自分自身の耳で確認すること。

「これはヤバイ!」
いざ、自分のいびきを自分自身で聞いてみると、そう思う人が多いようです。

先ずは自分の状況を把握することがいびき治療の第一歩なのです。

いびきを録音する方法としては、ICレコーダーなどを利用するのが一般的です。

しかし、最近はスマートフォンにも簡易録音機能がついていますから、先ずはそちらで試してみることをオススメします。

実際に自分のいびきを聞いてみて、呼吸が止まっている事が確認できたら、大変!
これは睡眠時無呼吸症候群の可能性が大です。

今すぐにでも専門医に相談し、いびき治療を始めることをオススメします。

その症状を放置したままにすると、様々な病気を引き起こす原因になりますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
いびき治療こだわりサイト Copyright (C) www.mikroavto.com. All Rights Reserved.